私が実際に使って良かった転職エージェント

2019年1月15日

こんにちは、ちーしー(@chi_shi_blogger)です。

転職活動において転職エージェントとは切っても切れない関係です。

実際に私が活用してみてよかったエージェントを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

絶対に登録しておきたいのはリクルートエージェント



転職活動をするうえで絶対にはずせないのは【リクルートエージェント】だと思っています。業界を問わずに求人数の絶対値で言うとNo.1なのではないでしょうか。

この数値に関して、実際に私が活動していた時にも実績として残っています。

 

数字で振り返る私の転職活動

ここで実際に私が実際に応募に至った企業の数を公開したいと思います。

 

これは先日のブログでも書いた転職活動の管理シートの集計結果です。
(※あくまで書類応募した企業で通過ではありません)

 

転職活動で管理シートを作る人は珍しいらしい。

この数字はエージェントや媒体が紹介している企業の中から、実際に私が応募した数値です。一目見て分かる通り、【リクルートエージェント】での応募数がダントツです。特に意識してリクルートエージェントばかり使っていたわけではありませんが、実際に登録から選考、アフターフォローまで良かった点をまとめてみたいと思います。

リクルートエージェントでの登録について

【リクルートエージェント】の公式サイトから申し込みを行うと、まずは対面もしくは電話での面談が実施されます。時間の制約があることは了承しつつも、是非一度リクルートに行ってみてほしいです。

とっても綺麗なオフィスに「儲かってんな~」と圧倒されますが、それだけ実績があることがうかがえます。それに何社か電話面接もしてみたのですが、実際に顔を合わせた方が伝え忘れの漏れなど無くお話しできるように思いました。

 

リクルートエージェントでは、最初に「キャリアインタビュアー」という方にこれまで積み上げてきた仕事の内容と、今後希望する働き方や仕事に関していろいろヒアリングしてもらいます。また、職務経歴書に関してもここでしっかりアドバイスがもらえます。

この時にお世話になった方が「一を聞いて十を知る」と言う言葉がぴったりな方でした。私の経歴について自分で言語化できなかった部分を的確に説明してくださったり、今後の展望について否定したり変なアドバイスをしてくるでもなく、しっかりと聞いてくださいました。このキャリアインタビューの結果については、当日中に内容をまとめたものがメールで届き、認識に差異が無いかしっかりと確認してくれます。

 

この登録の時点で私の希望として、現職の最終出社後にプログラミングスクールに1か月ほど通いたい意向をお伝えしていましたが、その点もしっかり加味してくださっていました。

 

応募から選考まで

ここからはコンサルタントの方と面談予約担当の2名体制で対応してもらうことになります。実際のやり取りは面談予約担当の方になりますが、コンサルタントの方は求職者に合う求人を探してくれたり企業に紹介してくれたりしているそうです。

応募は専用のサイトから求人をチェックしてそこから応募を行います。その後の書類の選考結果以降はメールでのやり取りが主になりますが、専用サイトも使い勝手は悪くないし、何よりほとんどメールなので現職に差し支えることもありません。応募中に心配になった点などはしっかりと対応してくれ、また、選考結果についてもつぶさに知らせてもらえます。

 

毎日専用サイトに届く求人についても、私の希望とほぼブレ無く紹介してもらえました。ここが私からの応募数が多かった理由につながるかと思います。

勤務地・勤務時間に制限があることを考慮して、ほとんど通勤可能でフレックスや時短制度のある企業を中心に紹介してもらえたため、「エージェントに希望をわかってもらえない」というストレスをほとんど感じることなく活動ができました。

 

転職活動を休み連絡をしたときの対応

2018年8月に、半年以内に入院手術をしなければならないことが決まった際、迷惑がかかると思いエージェント各社にも連絡をしました。その時に私の体を心配してくださったとのと共に、再開時の手順まできちんと示してくれたのも【リクルートエージェント】でした。

この点も非常に感謝しています。

 

このようなイレギュラー時についてもしっかりと対応してくれる点も考慮し、リクルートエージェントは絶対に登録しておくべきと自信を持ってお伝えしたいです。