転職サイトと転職エージェントの違いについて

こんにちは、ちーしー(@chi_shi_blogger)です。

今回は転職をする際に避けて通れないのが転職媒体への登録です。

求人したい企業と転職したい人をつなぐ、とても便利なサービスです。

サービスを大きく分けると転職者が自発的に応募を行う「転職サイト」と、転職者と求人企業をつなぐ「転職エージェント」のサービスの2パターンに大別されます。

似て非なる転職サイトと転職エージェントについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

転職サイト

サービス概要

「転職サイト」は主に企業が求人情報を掲載して、その中から転職者が自分に合いそうな企業へ応募するための媒体です。検索を使いながら、条件を見定めて応募することができます。

主な媒体

転職者の動き方

転職サイトに登録後まず行うことは、各媒体ごとにレジュメや経歴書の登録を行います。自分で準備した職務経歴書とは別に、媒体で企業が検索する情報として登録が必要です。顔写真は媒体によって必要になるので、登録までに撮影しておく方が良いかと思います。

レジュメの登録ができたら、自分の経歴や希望条件によって企業を検索して応募していきます。

基本的には転職サイトにメッセージ機能が備わっているためここを経由してやり取りを実施します。

 

企業によっては、転職サイトからの応募を系列の転職エージェントで管理している場合があります。そのような場合にはさらに転職エージェントへの登録が必要となります。

メリット

ほぼ自分のペースで活動ができるため、特に中小企業に応募する場合にはサクサクと選考が進みます。近年は「面接確約オファー」と言うものがあり、書類の選考にあらかじめ通過した状態で面接を受けられる求人もあります。

 

デメリット

内定時など、全ての交渉事も自分で行う必要があるため、給与を含めた条件で言いだしづらいことがあります。強気でなんでも交渉できるタイプの人であればさほどではないですが、受動タイプの人だと交渉がしんどくなるかもしれません。

 

転職エージェント

サービス概要

「転職エージェント」は担当者を介して求人を応募する形式です。エージェントからは転職者の登録情報や本人の意向をヒアリングしてマッチした求人を紹介し、そこから転職者が応募したい求人を選択していきます。

 

主な媒体

 

転職者の動き方

エージェントに登録を行うと、まずは面談を実施します。面談では、転職において重視する条件や今後のキャリアプランのヒアリングが実施されるほか、自分で準備した職務経歴書へのフィードバックももらうことができます。

面談で方向性を決めてから、エージェントで保持する求人を紹介してもらい、応募すると日程調整など企業とのやり取りはエージェントが実施してくれることになります。

 

メリット

自分一人ではわからなかった長所を教えてもらえたり、反対によくない点を指摘してもらえるため客観的な情報に基づいて転職を進めていくことができます。

また、条件面や給与交渉など自分で言い出しにくいこともすべて代理で交渉してもらえるため、内定の場合には自己応募よりも良い条件で転職できることもあります。

また「非公開求人」という、転職サイト等には掲載していない独自情報を保持している場合もあるため、保有スキルによってはよりフィットするポジションを紹介してもらえることがあります。

デメリット

エージェントの利用は企業側が100%金銭負担をします。内定の際には年収の○%を成果報酬とするため、企業側も転職後に確実に活躍してくれるであろう人材しか採用しません。そのため、場合によっては自己応募よりも厳しく判断される可能性があります。

 

転職サイトと転職エージェント、どちらも登録しておこう!

転職は情報戦でもあります。転職サイトと転職エージェントで保有している求人が異なることがしばしばあります。Aというサイトでは無かった情報がBというサイトでは掲載されていたり、Cというエージェントでは好条件で募集しているなどのケースがあります。

初期段階でおっくうに感じるかもしれませんが、転職活動をスタートしてみると最終的に大手は一通り登録する必要が出てきたりするので、情報の見落としをしないためにもできる限り登録しておくことをお勧めします。