ミュゼプラチナム1回目 両ワキ+Vラインの施術に行きました。

2019年3月3日

こんにちは、ちーしー(@chi_shi_blogger)です。

先日ミュゼプラチナムの予約が取れたので1回目の施術に行ってきました🎵

今回は両ワキ+Vラインの施術だったのですが、予定の20分間に対して実質20分弱で全行程が終わりました。予約から、当日の流れまでを詳しくレポートしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ミュゼプラチナムの予約はWEBかアプリ


ミュゼプラチナムでカウンセリングを受けると、会員用WEBサイトとアプリが使えるようになります(アプリは要ダウンロード)。

ミュゼプラチナム自体が人気があることと、1~3月は脱毛に通い始める人も増えるため1か月以内の予約は基本的に既に埋まっています。だけど、直前キャンセルなどが出たりするので地道に毎日検索していると、たまに都合の良い日程で空くことがあります。

私も、できれば入院前に1度は行っておきたかったので毎日通勤経路にある2店舗を検索していました。

ちょうど都合よく帰宅時間に空いていたのでソッコーで予約しましたが、時間に余裕があるのなら2か月後くらいなら予約が取りやすいかもしれません。

 

入店後から案内まで

入店するとまずはミュゼプラチナムの専用アプリで予約確認を行います。アプリ内に会員バーコードが表示されるので、そちらでチェックしてもらえます。

5分遅刻してしまうと、施術が完了できなくても1回分の消化になってしまうため注意が必要です。

 

初回だけなのか、まずは「これを読んでおいてください」と注意点などの紙が入ったファイルを渡されるので、待っている間に目を通します。

当日は10分ほど早く到着しましたが、到着時間にかかわらず予約時間ちょうどに案内されると思ってよいかと思います。

 

着替え

名前を呼ばれて個室に通されると、ガウンと紙パンツを渡されます。

両ワキをするときのガウンは、学校のプールの着替えなどで使っていた巻きタオルのような形で、ワキが出るように着ます。

3分ほどすると係の方がやってくるので施術開始です。

 

施術の流れ



Vラインの施術がある際はだいたいどのくらいの場所に光を当てていくかを確認します。

私はちょっと怯んでしまって、毛が薄めな脚の付け根くらいの部分で割と狭い範囲の施術をお願いしました。

横になったあとは目隠し用のサングラスのようなものをかけてもらいます。

 

Vライン⇒ワキと言う順だったのですが、ガウンの下をめくってから、最初に施術箇所の汚れなどのふき取りを行っています。この時に赤みがある箇所や埋没毛がある場所には保護テープをしてくれます。

それからジェルを塗りますが、ジェルは結構冷たいのでびっくりするかもしれません。

それから早速光を当てますが、毛があるらしき部分が熱くなります。耐えられないほどではないですが、ちょっぴり我慢が必要かもしれません。

施術後は冷やしてもらって終了です。

 

ワキも大体同じ流れで、私は量が少なかったからかVラインと比べてもほぼダメージ無く、ちょっとあったかくなる程度でした。機械を2往復ほどして終了なので、本当に一瞬です。

 

終了後

全て完了すると、当日の入浴はシャワー程度にしてアルコールも控えるなど、体を温めないように説明がありました。

それから着替えを行い受付に行くと、忘れ物が無いかチェックをしてもらって完了です。

カウンセリングの際に支払いをしてしまっているので、当日はもちろんお財布を出すことはありません。

 

ミュゼプラチナムは駅から近い店舗が多いので通いやすく、今回も駅徒歩2分くらいで道もわかりやすかったので助かりました。

1週間ちょっとすると毛がポロポロ抜けてくると思うので、それが楽しみです😄