【臼蓋形成不全】入院3週目の記録[マンネリとの闘い]

こんにちは、ちーしー(@chi_shi_blogger)です。

入院記録の3週目の生活についてです。

骨の方は治りはまだまだなので、できることが少なくマンネリとした週だったように思います。

これがけっこう辛く、自分では進捗状況がイマイチわからなくてなんとなく焦りも感じていました。

 

【臼蓋形成不全】入院2週目の記録[痛みが減ってきた]

 

スポンサーリンク

とにかく暇である

中途半端に動けるようになっていますが、まだまだ骨の治癒については体重をかけられる段階でもありません。

そのため、リハビリはマッサージが中心でかかっても1日20分程度。

その他の時間はほぼベッドの上で過ごします。

さらにはこの週は祝日もあってリハビリ回数も少なかったです。

本当にレンタルWi-Fiを借りておいてよかったなと思いました。ほぼずっと動画を見たりして過ごしていました。

 

3週目の進捗状況

創部からフィルムを剥がした

創部(手術箇所)からついに湿潤療法用のフィルムを剥がしてもらえました。

傷口は7~8cmくらいで足の付け根に沿っているので、多分きちんと治ればほとんど目立たなくなると思います。溶ける糸を使っているため抜糸も必要ありません。

ついでに、骨を支えている部品について聞いたら、手術前には金属のボルトで留めておき1年後くらいに取り出す予定だったのですが、今回はカルシウム等で作られたいずれ体に吸収されてしまう部品で留めているそうです。そのため、1年後の取り出し手術は必要なくなりました✨

 

シャワー解禁

創部のフィルムを剥がしたため、シャワーも解禁になりました‼

髪はシャンプー台で洗えていたし、体も毎日お絞りをもらって拭いていましたが、やっぱりシャワーできるのは全然サッパリ度が違います。

一人では入れないため、車いすでシャワー室まで行き、衣類を脱いだら看護師さんを呼んで出入りの際の移動の手伝いが必要です。

 

寝るときに横を向いてもよくなった

2週目の記録でも書きましたが、寝返りを打てないことで体がこわばり、夜中は体がしびれて何度も目を覚ましていました。

私の場合は左脚を手術したので、脚の間にバスタオル丸めたものを挟んで右側を下にして寝返りをしてもよいということになりました。

とは言え、まだまだ体制を変える際には創部などが痛く、かなり慎重に動かなければいけません。

実質、寝ている最中に動けるというよりも、浅い眠りから覚めた際についでにちょっと体を動かせるという程度なので、まだまだ安眠するまでには時間がかかりそう。

 

レントゲン撮影、採血

血液検査で血栓ができやすい状態が続いており、採血もまだ必要だそうです😓

勝手に術後2週間で終了と思い込んでいたのですが、4週目までは採血するとのことですっかり気落ちしていました。

 

レントゲン撮影については、前週とちがってだいぶ脚を伸ばしても痛くなくなり、余裕で撮影に臨めました。

 

リハビリ3週目

本当に微妙な時期で、骨の癒着はまだだけどちょっと動くことはできるという感じなので、できることが少ないです。

14日目:マッサージ、脚の曲げ伸ばし、かかと落とし運動
15日目:マッサージ、脚の曲げ伸ばし、かかと落とし運動
16日目:お休み
17日目:お休み
18日目:マッサージ、脚の曲げ伸ばし、かかと落とし運動
19日目:お休み
20日目:お休み

 

引き続きマッサージと、簡単な脚の動作くらいでした。

マッサージは1種類体勢が追加になって、診療台から左脚のひざ下をぶらんとおろす体勢で太もものマッサージをしてもらいました。

太ももの外側あたりが非常に痛くて、ここがこわばっているのだなーと思いました。

まだ微妙に浮腫みもあり、自分で触っても少し違和感が残ります。

 

毎日の記録もご参照ください

日記的な記録はこちらです。

「臼蓋形成不全」で手術&入院している人のブログ

こちらはきちんと毎日記録しております👍